構成

従来の外付け機器タイプと異なり接続方法に制約がないので、PC環境を選びません。

従来のバーコードジェネレータ【FB-11】は、セントロケーブルでしか接続できないので、使用できるPC環境が限られ、機器の維持管理も大変でした。

従来のバーコードジェネレータ(外付け機器タイプ)

BGP-21は、アプリケーションなのでPCにインストールするだけで、これまでのバーコード印字が行えます。
従来のバーコードジェネレータを経由しなくて良いのでセントロケーブル、USBケーブル、LANケーブルなど様々な接続方法が可能なります。

BGP-21(アプリケーションタイプ)
バーコード印刷が可能 簡単操作はそのままに!
BGP-21は、通常のプリンタ機能を拡張して普通の印刷命令でプリントアウトすると、そのコマンド以降の文字列をバーコード等に変換して印刷します。
印字方法をCODE39のバーコードを例に説明します。

CODE39バーコード

このように、下線部分を印字データの前後に追加するだけでバーコード印刷が可能になり、拡大文字(漢字拡大等)も同様な方法で行います。

特徴

Q&A

動作環境

印字サンプル

● OCR-B Font OCR-B Font
● OCR 文字拡大 OCR 文字拡大
● 13D-JAN バーコード 13D-JAN バーコード
● 8D-JAN バーコード 8D-JAN バーコード
● NW7 バーコード NW7 バーコード
● CODE39 バーコード CODE39 バーコード
● 2of5 インダストリアル バーコード 2of5 インダストリアル バーコード
● 2of5 インダストリーブド 2of5 インダストリーブド
導入に関するお問い合せはこちら!!