PROJECTS

A/4 Medical Device 導入事例

A/4 Medical Device

株式会社 沖縄メディコ

本社所在地沖縄県
拠点数3拠点
従業員数180名
主分野医療機器・材料総合卸
業務特徴物量が多い
導入時期2018年8月
URLhttps://okinawa-medico.com/

システム検討までのきっかけ

◯在庫ロット管理を求めて

「ロット単位での在庫管理を行いたい」というのがシステム検討のきっかけだったと思います。以前のシステムでは管理ができず、備考欄にロットNo.を手入力していました。しかし、医療機器・材料卸として、ロット管理は厳格に行わなければという思いもあり、システムの更新が近づいてきたタイミングで検討を始めました。

導入の決め手

◯要望実現度と予算のバランス

日本ソフテックさん含め、3社にお話を伺いました。新システム要望事項に対し、各社より実現可否と必要な費用感を提案頂いたのですが、当社の求める規模感にちょうど合った会社が、日本ソフテックさんでした。高額すぎず、でもやりたいことに対応してもらえるシステムということで、導入を決めました。

導入時の対応

◯臨機応変な対応が◎

当社は営業中心の運用が多く、得意先固有の事情に応じて沢山の要望があがったのですが、例えシステムでの実現が難しかったとしても「ここはこうした方が良いかもしれませんね。こういった代案もありますよ」というような提案を頂けたので、大変参考になりました。
レスポンス良く、積極的な対応が好印象でした。

導入後の効果

◯トレーサビリティの確立

ロット管理の厳格化はもちろん、ペースメーカー等ディーラー預託在庫の管理簡略化が思わぬ効果としてありました。以前はホワイトボートを使ってのアナログ管理でしたが、今はシステムで簡単に在庫の移動ができるので、自社倉庫にいくつ、この病院にいくつというのがすぐに確認できます。
また、在庫トレースができるようになった事で、何かあったときに簡単に、原因や在庫の流れが追えるようになりました。トレーサビリティの確立は法令遵守に繋がるため、一番重要なポイントだと思います。

保守サポート

◯丁寧な対応に感謝

本当に細やかな対応をして頂いています。一つ質問をしても、その後追加で質問しそうなところまで含めて回答頂いたり、当社内説明に必要になりそうな資料を提示いただいたり。質問の先を予見して対応頂けるのでとても助かっています。

システム将来展望

○世の変化に合わせた進化を

システムの入れ替えはそう頻繁に行うことではないですが、世の情勢や業界動向、技術トレンドが変化していくときには、会社のシステムもあわせて変えていく必要があるかと思います。この先も要望は沢山出てくると思いますが、システムのさらなる改良・進化に向け、変わらず前向きな対応をお願いします。

最後に、
取材にご協力いただき、ありがとうございました。
取材日:2023年5月
※本事例に記載の情報は取材日当時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。

関連製品:A/4 Medical Device

その他の導入事例

導入事例一覧へ

kintone コンベンション管理システム

iBeacon ソリューションのご紹介

kintone 請求管理システム

A/4 Medical Device 導入事例

CONTACT 日本ソフテックへの
お問い合わせはこちらから

まずはあなたのお困りごとをお気軽にご相談ください。